さぁ、何をしよう? - 人生100年 -

人生100年時代。 健康で楽しく過ごせるように、情報、体験をお届けします。



                                                【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

禁煙の成功例

喫煙は健康を害します。
みなさんもご存じの通り、がんが発生する確率は上がりますし、心臓病や肺の病気にも罹患しやすくなります。
副流煙も周りの人に害を与えます。

また、新型コロナウイルスによる肺炎に関して、重症化するリスクが3倍になるという報告もあります。

良いことはありませんね。

タバコを止めることによって、健康増進が期待できます。

 参考資料:たばことがん(国立がん研究センター)

 参考資料:喫煙でリスクが3倍に

 

 

喫煙歴

私は、おおよそ1日1箱のペースで13年ほど喫煙していました。もちろん20歳から。。

その間、何度も禁煙にチャレンジして、何度も挫折してきました。

最長で半年の禁煙記録をつくりましたが、結局は続きませんでした。

 

ダメだった禁煙方法

禁煙の方法として、よく代替行為を行うといいとされています。
私もいろいろと試してきました。

吸いたくなったら、ガムを噛んだり、水を一口飲むなど。また、軽く体を動かしてみるなどいろいろとやりました。

しかし、どれも成果がありませんでした。

 

ニコレットで成功

しかし、しかし、2005年に発売された禁煙ガムニコレットを試したところ見事に成功しました。

それ以降、今までの約15年間全く吸っていません。完全に止めれました。

タバコを持つ、口に運ぶという習慣が無くなりました。

ニコレットとは

ニコレットとは、禁煙を手助けしてくれるガムです。

ニコチンが含まれおり、タバコを吸いたくなったら代わりに噛みます。
ある程度噛んだら、歯と頬の間に置いて、ニコチンを口腔内から吸収します。葉巻と同じで口腔内からニコチンを摂取します。

少しピリッとしますが、そこまで気になりません。

成功した理由

ニコレットで成功した理由は、個人的な見解ですが下記が考えられると思っています。

  • タバコを口に運ぶ習慣がなくなる。
  • 手持ち無沙汰からくる間が持たないソワソワ感がなくなる。
  • ニコチンの吸収量を少しずつ減らしていけるので、体がニコチン無しの状態に慣れてくる。

食後や暇な時に、無意識にタバコに手が伸びる習慣が無くなったのが、大きい要因だと思います。

今思えば、特にニコチンを欲していたのではなく、脳がタバコを吸う行動を覚えていて無意識にタバコに火を点けていたような気がします。

私は、2箱目(1箱24粒)の途中で禁煙に成功しました。
 

【第2類医薬品】 ニコレット 24粒 ※セルフメディケーション税制対象商品 メール便送料無料 □

価格:1,782円
(2020/4/25 02:08時点)

 禁煙後の変化

 禁煙成功後には、下記の良い変化がありました。

  • 水の微妙な味が判別できるようになった。(レストランのレモン水など)
  • 朝の目覚めが良くなった。
  • 経済的に楽になった。
  • ニコチン中毒のイライラ感がなくなった。

 

まとめ

タバコと縁が切れて、本当に良かったと思っています。

禁煙してから、男性の場合は21年、女性の場合は11年で、まったくタバコを吸わない人並みに発がんのリスクが下がることが分かっています。

私は何とか15年目ですが、このまま続けていきたいです。

 参考資料:禁煙何年で発がんリスクが帳消しに?

 

禁煙マーク